「日田木青会・活動報告」TOPへ


2012年07月26日

理事会


今日は
大分県木青の
理事会でした。
IMG_0821.JPG
 ゲストで
本村直前会長
高嶋代行副会長
が私達日田にお見舞いに
来て頂きました。

もちろん
我らが三宮九州木青連会会長も
早めに入って
被災した製材所の
視察をしてもらいました。

会長・直前会長・代行副会長
心から感謝します。
そして
有り難う御座いました。

大分・日田木青小田会長も
とっても感謝していました。
IMG_1039.JPG
posted by 広報委員会 at 01:33| Comment(0) | 日常

2012年07月19日

水害状況報告とお礼  権藤

権藤FB.jpg

7月3日の様子

SN3Q0306.JPG
SN3Q0313.JPG

7月13日の様子

SN3Q0340.JPG

7月15日の様子



  まず今回の水害で被災された方々にお見舞い申し上げます。そして多くの方々からのお見舞い、励ましの言葉を下さった方に厚く御礼申し上げます。
 7月3日朝6時頃から雨が降りだし、ミルミルうちに川の水量がまし、工場の横を走る堤防ギリギリのラインまで増水していきました。堤防を超えることはなかったのですが、工場から100M離位れた堤防が決壊し水が流れ込んでくるという事態になりました。水位はちょうど腰の高さ位まで上がり、工場の中に川の流れができるほどでした。機械の被害としては、モーター関係が43個水没、電磁弁4個、マグネットスイッチ3個でした。(細かな修理箇所は多々ありました)一番恐れていた、基盤関係は水没する前にキュービックの方から動力を切っていたので、一切電気は流れてなく完全に乾くまで電気を流さなかったため奇跡的に全て無事でした。機械の修理の方も大変でしたが、一番きつかったのがヘドロ出しでした。出してしまうのに2日かかり筋肉痛に襲われました。片付け、機械修理も終わり、被災して9日目 7月11日には全ての機械が稼働できるまでに回復したのですが、その2日後、13日にまた水害で被災しました。その時は3日の日の教訓から前日からモーターの取り外しや制御版などを取り外し高い場所へ避難させていたことから、被害は最小限に抑えることができました。(それでもモーター4つは浸かりました) これで2回目!!水が引くまではあっけに取られていたものの、いざ現実に帰るとこの前片付けをしたことをまた初めからと思うとほんとに心が折れそうでした、、
 しかし、やってしまわなければならないものはならない!と言い聞かせてなんとか土、日、2日間でヘドロ出し、機械修理を終わらせることができた瞬間、また雨、、降り止まない雨!雨!雨!!!!!       水没、、、、
 水没するかと思いましたが、ギリギリのとこで雨量の方も収まり、消防団の可搬ポンプで水を出しなんとか水位を下げることができ被害を防ぐことができました。
もう3回目となると、言葉にならないといううか俺何やってんだろー?状態。
 今は通常通り営業できるようになり、終わってしまえば、大変だったなー位の感じなんですが、この水害の時はホント疲れたし、気持ちも病んでしまいそうでした。
 もう二度と経験したくないです、、とか言いながら来年の心配をしてしまいました。
あと、この雨の影響で山から原木が出てこないという事態になっていますが、そう言った意味では日田の製材業界皆さん被害を受けると思います。厳し時にまたこの雨の影響でさらに厳しくなるとは思いますが、みんなで協力しあえるところは協力しみんなで乗り越えていけるように頑張りましょう!!    
     最後にまた、今回手伝ってくれた先輩方や、お見舞い、励ましの言葉心から感謝します。ありがとうございました。
 

 
posted by 広報委員会 at 21:08| Comment(0) | 広報・インターネット委員会

県木青理事会&懇親会

先日の県木青理事会&懇親会は残念ながら大雨で急きょ中止となりました。今のところ会員の所での大きな被害報告はないようでなによりです。
ただ、早急に話し合わなければならない議案がいくつかありますので急ではありますが、7月25日(水)に開催することにしました。大東・竹田からも参加予定ですので、地元の会員の多数の参加をお願いします。
(ある方がお見舞いをかねて参加予定です。お楽しみに。)

小田
posted by 広報委員会 at 19:44| Comment(0) | 日田木青会